カメラの進化

特にスマートフォンが進化を遂げていく中で、大きな進化を遂げることになったのがカメラでした。アメリカに於いてはselfyと呼ばれ、日本国内では自撮りと呼ばれるようになっているように、カメラ機能を頻繁に使用する人が多かったことに応えたものでした。初期のスマートフォンにおいてはカメラ機能はそれほど重要視されていたものではありませんでしたが、これに合わせて機体自体が変わっていきました。

例えばカメラに関係する改革の一つとなったのが、インカメラの搭載です。昨今の機種であれば当たり前のように搭載されているインカメラですが、これは初期の機種から存在しているものではありませんでした。自分の写真を撮るという人が多かったことや、テレビ通話のような形で通話を行いたいという需要が多かったことに応えるようにして登場したのが特徴です。今では多くの場面で活用されるようになりました。

この他にも、単純にディスプレイの拡張や画素の向上が行われたのもポイントとなっていました。これによって、より綺麗な画像を残せるようになりました。そして、そんなきれいな画像をより多く保存できるように、ストレージ自体も拡張したことにより、利便性が向上しています。